FC2ブログ

霊足りの梟

作家 鼓道の独り言

最初にサバさんがなくなってしまうとき、
DVDプレーヤーの電源を落としそうになりました。
「無理、こういうの、無理!」みたいなね。

でも、思いとどまって鑑賞。
柔らかい空気感で楽しめました。
うるっという場面もチラホラあり。

個人的に死神っていう立場だけが、ちょと違和感かな。
なぜ、「死神」なんだろう?って。
そこで出迎えたり、出逢いをコーディネートしてくれている存在は、
私にとっては真逆の存在としてとらえている部分があるなぁと思った次第。

ま、そんな感じで考えてみるような映画ではないと思いますが・・・(汗




ジョゼ虎と同じ監督さんだったんですね。
2009.10.25 22:36 | DVD | トラックバック(-) | コメント(-) |
梅雨があけ
天文ショーも終わり
マヤ的な正月が・・・

ここ1ヶ月ほど、毎日が鬼のように過ぎ去っている
流されたくてそうしたのだが
ここまで流されてもいいのかとも思ったり。。。

いや、流されるというのは
肯定的な意味でね

コントロールではなく という意味で

ま、もう少し
このままで。
2009.07.26 09:58 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
ひもろぎ梟やスタッフそれぞれが

それぞれの
第3ステージへ突入です。

さあ。
楽しもうじゃぁないか!

2009.06.20 21:38 | 徒然 | トラックバック(-) | コメント(-) |
スティーブン・キングのランゴリアーズ DVD鑑賞。

時間の旅の中で
色々なドラマが展開されます。

ちゃっちいCGで、かなりテンション下がる部分もあったりしますが
それはまたご愛嬌ということで。。。

3時間、飽き飽きするという感じはありません。
ただ、個人的には、もう一度みようとも思わないわけですが・・・



2009.05.17 08:23 | DVD | トラックバック(-) | コメント(-) |
理由を考えるよりも早く

動くことがある

そんなことが

今までにいくつあった?

動きの結果よりも

その動きを

大切にしたいですね

2009.05.15 11:53 | 徒然 | トラックバック(-) | コメント(-) |