FC2ブログ

霊足りの梟

作家 鼓道の独り言

ずーっと ずーっと前
子供の頃のことを ふと思い出した。

本物のチューリップを、初めて見た時のこと。

「えぇ~! チューリップってこんな形だったの?!」(驚愕)

それまで、チューリップの絵はみたことがあったの。
一筆書きでかけるような、
頭に三角の屋根が3つあって、
下は半円になっているヤツね。

本物より、その絵を先に見ていたもんだから
「チューリップとは、そういうもの」
だと、認識していたんですね。

本当にびっくりした。
「これが チューリップ?
 こんなのチューリップじゃないじゃん!」
って、子供心に ものすごく憤りを感じたんですね(笑

これって、けっこう大切だなと。

そうやって、色々なものを
勝手に認識しているんだな。。。

スポンサーサイト



2007.10.06 08:16 | 徒然 | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |